Startup Ignition Program

概要

多くのスタートアップは、10年後には消えて無くなっています。その企業存続率は、わずか6.3%しかありません。市場環境、タイミング、製品の機能など、敗因を上げるといくつも上がってきますが、どの事由も要約すれば商品が売れなかったからです。市場に製品を出すとき、マーケットフィットさせるために製品をPivotさせることや、製品を多くの人に知ってもらい、興味を持ってもらって、製品を買って頂くという、未知の状態から認知され、興味・関心となり、採取的にはジブンゴト、つまり買いたいという衝動に駆られなければなりません。

これらの製品開発から購買プロセスに至る全てのシーンにマーケティングという要素が存在しています。私たちのサービスを使うことで、スタートアップ企業において、最初の製品が販売され、起動に載せるまでの全ての工程をお手伝いすることにより、企業の存続率を最大限まで引き上げようというのが、このプログラムの狙いです。

対象者

  • スタートアップ企業の経営者、または起業を計画中の方。
  • 社内ベンチャー企業および経営者
  • 新規事業の責任者

実施内容

Startup Ignition Programで実施するアクティビティの一覧を下記に示します。基本的には、プランニングの段階で、どのような方針で実施していくのかを年間計画でラフ案レベルで作成していきます。スピード優先のプログラムですので、アウトプットファーストで行っていきますので、不要な資料を一切排除したうえで必要なドキュメントとして、共有ディレクトリにて共同管理していく流れとなります。(※基本的には、Google Docsを利用いたしますが、ご要望に応じて他のツールでも構いません)

プランニング

プロダクトやマーケティングのプランニングをおこない、製品やサービスのゴールを決定します。プロダクトマーケティングの戦略項目にあたる、What、Who、Reach、Price、Introduceを検討し、マーケティングテストを繰り返しながら、改善を繰り返し、グロースしていきます。

エヴァンジェリスト

製品やサービスを熟知し、見込み客の集まっているコミュニティでの登壇、またはコミュニティを開催し、ユーザーグループを形成していくための活動を行っていきます。

メディアリレーション

プレスリリースやイベント告知など、通常のプレスリリース配信では取り上げられにくい、製品やサービスをプレス担当者に直接アプローチすることで、掲載していただく可能性を引き上げていきます。

記事執筆

各メディアやオウンドメディアに、製品やサービスの特徴、導入事例、活用事例、またはテクニカル情報を執筆/掲載していきます。独自に取材したユーザーインタビュー記事など、撮影からライティングに至るまでの記事執筆に関わる部分全てを担当します。

プリセールス

見込み客の企業へ訪問し、製品やサービスの紹介を技術や利用者の側面から、分かりやすく説明し、セールスへと繋げるためのサポートを行います。状況によっては、そのままセールス行為も行います。

(※上記の実施内容は、STAGE Zero および Aでは対象外となります)

役割

貴社にとっては、私たちは外部CMO(Chief Marketing Officer)的な役割で各種助言をおこない、エヴァンジェリストという肩書きで、貴社の製品やサービスを多くの人に知っていただき、興味をもってもらい、販売へと繋げていくための行為全てをサポートいたします。

プログラム

STAGE Zero

イベントページ

connpass サイト

https://sip-tokyo.connpass.com

内容

スタートアップの素晴らしい製品やサービスを魅力的に伝え、初期ユーザーやVCやCVCからのシードマネーを円滑に調達するためのチャレンジを支援するイベントです。

イベントの狙い

スタートアップのための実践プログラムです。スタートアップのピッチ大会で優勝するためではなく、事業として製品やサービスをマーケットフィットし、グロースするための準備をするための会です。

登壇頂くスタートアップ企業にとっては、自社の事業や製品/サービスの方向性の確認とプレゼンテーションの改善が狙えます。

参加される方は、各スタートアップのピッチの内容やプレゼンテーションを間近で見ることができます。ライブ鑑定&パネルディスカッションにおいては、プロの目でスタートアップ各社の事業や製品/サービスをどのような切り口で鑑定し、改善案を示していくのかをライブで学ぶことができます。

対象者
  • スタートアップ企業の経営者
  • これから、スタートアップを目指す方(起業準備中の方)
  • 社内ベンチャー企業の経営者
  • 大手企業のオープンイノベーションご担当者
登壇者への提供価値
  • スタートアップ事業や製品/サービスなどをプロの目による鑑定
  • 事業や製品/サービスなどの改善点を見つけられる
  • 資金調達のためのヒントが得られる
  • プレゼンテーションの指導を受けられる
プログラム(案)
  1. 19:00-19:30 Startup Ignition Program の概要説明
  2. 19:30-20:00 ピッチ & LT大会(登壇者5名程度)
  3. 20:00-21:30 登壇内容のライブ鑑定&パネルディスカッション
場所/会場

未定/未定

価格

¥3,000.-

(※connpassでクレジットカード支払いによるお申し込みが必要)

STAGE A

内容

スタートアップの素晴らしい製品やサービスを魅力的に伝え、初期ユーザーやVCやCVCからのシードマネーを円滑に調達するためのチャレンジを支援するプログラムが、この Startup Ignition Program in TOKYO です。製品やサービスを開発中で、製品やサービスとマーケットとのフィット感を計り、Pivotも含めて製品の方向性を検討していくステージにおいて、アドバイザリーとしての知見を提供いたします。ディスカッションやアドバイスにおける時間については、ベストエフォートでの提供となります。

価格

¥50,000.- / 月

(※前払い現金、またはクレジットカード支払い)

STAGE B

内容

製品やサービスの開発が完了し、これから販売していくステージにある企業向けのプログラムです。製品やサービスのマーケットゴールを定義し、そのゴールを達成するためのプランニングから実施を支援いたします。

エヴァンジェリストやアドボケーターのように貴社の製品やサービスを熟知したうえで、販売ターゲットを設定し、認知度を上げるための活動を行います。例えば、セミナー、イベント、ウェブナー、ブログなど、リアル/デジタル両面で進めて行きます。

また、製品やサービスの販売開始当初であれば、パブリックリレーションに関わる部分も、そのご支援対象としてメディアや記事、プレスリリースへのアドバイスや作成支援などを行います。

価格

¥250,000.- / 月

(※前払い現金、またはクレジットカード支払い)

STAGE B+

 内容

プログラムの内容としては、STAGE Bと同等のサービスですが、Venture Capitalや大手企業の社内ベンチャーのようにマーケティングなどの活動にゴールが設定されている企業向けのご支援となります。

STAGE Bとは異なり、既に製品やサービスの販売が進んできており、マーケットシェアを上げつつ、マーケットそのものを拡大するためのフェーズに入っているステージを想定しています。

投資された資金を効果的に使い、どこまでマーケットを拡大するための支援をおこなうプログラムです。

価格

¥500,000.- / 月

(※前払い現金、またはクレジットカード支払い)

お問い合わせ